女性だって薄毛は治したい

私は女性ですが、20代半ばから薄毛に悩まされるようになりました。主に前髪が少なくなり、頭頂部が薄くなり、当時はショックだったのを覚えています。直ぐに薄毛のメカニズムを調べ、対策をしようと髪について調べました。その結果、薄毛の原因は人によって様々ですが、私の場合はびまん性脱毛症に当てはまり、女性ホルモンの乱れや、生活習慣の乱れで起こるものだと分かりました。とりあえず薄毛の治療が出来るクリニックに行き、もらった薬(ミノキシジル)をつけ始め、生活改善を行い始めました。夜は12時には寝、朝8時に起き、早朝散歩をし、朝昼晩の三食を必ず決まった時間に食べる。言葉にすると一分で終わるのですが、この生活習慣を続けるのはかなり根気が要りました。仕事もありますので、昼食なんかは決まった時間に食べるのが特に難しかったです。ですが女性のハゲは笑えないため、必死になって取り組みました。その他に、薄毛、ハゲは女性ホルモンの低下及び男性ホルモンの活性化が原因で引き起こされるので、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取する為に豆乳を毎朝コップ一杯飲むようにしました。それと、頭皮の血行を良くするカプサイシンを含む唐辛子をスプーン一杯毎朝豆乳と一緒に流し込んで摂取していました。
薄毛治療を始めて半年後……地道な努力が実を結んだのか、頭頂部の根本の新しい毛が少し太くなり、トップにボリュームが出てきました。とても嬉しかったのを覚えています。努力の結果が目に見えて分かると、その後の改善スピードは更に速まります(人間の脳は単純ですね(笑)
それから1年後……当時スカスカだった前髪は20歳頃のそれに戻り、頭頂部及び全体的に髪のボリュームが増えました。増毛というよりは一本一本の毛が太く、元気になった感じです。今ではあらゆるヘアスタイルを楽しむことが出来、早くに対処して良かったなと思っています。
薄毛、ハゲ治療は直ぐに結果が出にくく途中で止めてしまう人が多いと聞きますが、毎日諦めずに地道にコツコツ続けていれば、いつかは必ず実を結ぶ時が来ます。もし同じように悩んでいる方がいるのなら、諦めずに最後までやり遂げることをお勧めします(^^)