今すぐの対策が重要な薄毛対策

40代にもなると、髪質も変化して
20代のハリは悲しいくらい無くなって来ます。
すでに30代から髪質はだんだんと細くなって
変化の前兆が現れます。朝のセットの時に寝癖を直す時に感じ取ることが多いかと思います。
かく言うわたくしも合わせ鏡をして後頭部を見た時の衝撃は忘れられません。
床屋さんではきっちりセットした後に後頭部を見せてくれるので気がつかないかも。
私の髪との闘いはすでに30代から始まったのです。
まず、育毛剤でした。
割と簡単に手に入る2000円程度の風呂上がりに施すタイプのスプレーでした。
今までに経験がない為か、体質にあったのか
1カ月の髪の伸び方はすごい早かった記憶があります。これに味をしめ、数ヶ月使用して自然に辞めてしまいました。
そう、ここで辞めてしまったことにあとで後悔することに。
これ以後の30代の数年は髪を気にすることなく
過ごしました。
薄毛とは言われなくなったので。
周りはハゲて行く方が結構多かった為かもしれませんが。

40代になって仕事や接待も忙しく、そんなに気にすることもなかったのですが、ふっとした朝のセットの時に何気なく頭頂部を鏡に映した瞬間に愕然としました。分け目が広くなってたのです。
振り返ると、飲み会で風呂にも入らずそのまま寝てしまい、朝慌ただしくシャワーを浴びて
出社、また夜遅く帰ることの繰り返しでした。
慌てて、育毛剤を再開しましたが、30代の頃の効果は得られません。
加齢とともに体質も変化したからです。
ありゆるものを試しましたが、あまり変化を感じることができずにおりました。
ここからまた髪との闘いが再開します。
どんなに酔っても、シャワーを浴びて頭を洗う。その時に軽いマッサージは欠かせません。
また、脂っこい食事が大好きでしたが、嫁の協力もあり、割と血流を意識した食べ物を良く取るようになりました。また睡眠もしっかりととります。必然的に帰りも早くなります。
帰りが早いということは、仕事の効率を上げざるを得ません。
最近、ハゲるのを意識した結果で正しい生活習慣が身についていることに少々驚きますが、さらにうれしいことに、抜け毛が減ってきたのです。20代の頃のハリは戻せませんが、血流を良くし抜け毛はある程度、自分でケアできます。
まず、体質を改善してから今度は育毛剤へ移り、少しずつ効果があらわれてきました。
これらを踏まえて、まずは生活習慣の改善が一番の近道ではないかと思うのです。
自身の生活を見直すことが絶対効果が
あります!